環境や社会貢献活動に積極的に取り組まれている薬樹薬局様で、バナナペーパー名刺を導入していただくことになりました。導入にあたって、メッセージをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

*****以下、薬樹様からのメッセージ*****

私たちは、「健康」を個人はもちろんのこと、地域社会、自然環境という広がりのなかでとらえ、これらすべてが満たされていることが真に健康な状態であると考えます。

この健康理念に基づき、これまで、地球の健康に直接寄与する活動として、
各店舗をエコステーションとして位置づけた使用済天ぷら油、ペットボトルキャップ、着なくなった衣類などの資源リサイクル活動、岩手県葛巻町に「薬樹の森」を保有することによる森林整備などを推進してまいりました。

2015年に国連にて持続可能な開発目標(SDGs)およびパリ協定採択され、
いま、世界的な課題として気候変動への効果が大きい具体的な対策が求められています。

私たちは、その対策の1つとして、「再生可能エネルギーの積極的な利用」および「バナナペーパー名刺の導入」を行うこととしました。再生可能エネルギーの導入については、「みんな電力株式会社」と契約し、2017年12月27日付で薬樹薬局および本社・子会社における106の事業所で切替えを完了しました。バナナペーパー名刺は’17年12月5日より導入を開始。年間使用量は、名刺にして約1万枚を想定しています。

バナナペーパーは、SDGs17項目を網羅する「サスティナビリティ」のアイコンであり、全ての製品のお手本ともいえます。この素晴らしい「紙」を使い、広めていくお手伝いができることを、とてもうれしく思います。

*****以上*****